梅雨前に盛夏の服装に

例年より早く訪れた真夏日ですが、体がまだ30度以上の高温になれていないこともあって、かなりこたえるものでもありました。

最初は長ズボンのジャージを折り曲げていましたが、それでも暑くてならず、ダブダブのハーフパンツを引っ張り出し、ついでにパンツもボクサータイプからトランクスタイプにして風通しを良いものにしました。
これだけでもかなり快適で、暑い時期の服装は、かなりゆったりしたもののほうが放熱性が良いようです。
又、この時期から着ることが増えるTシャツですが、首元に隙間が無いために化上半身の熱が逃げにくいものとなります。
そんなこともあって、ここ数年は、真夏には前を開けることのできる薄い開襟シャツばかり着るようになりました。

しかし、この猛暑も一時のようで、北海道以西は暑さも治まって梅雨入りとなりました。
少々フライング気味で猛暑のとなりましたが、如何せん、急激な変化は体がついてゆかず、多くの熱中症の搬送車や死者まで出たようですが、やはり何事も、序々に変わっていってもらいたいものです。
エンビロン お試しセット